リンガル矯正の矯正装置の取り付け方

表からの矯正装置は、直接目装置をつけることが出来るのと歯の表側の形の関係で直接装置をつける方法が主流となっております。一方で裏側・舌側からの矯正装置は、直接目で見にくい、歯の裏側の形が千差万別なことが多いなどの理由から間接法で矯正装置をつけるやり方をとります。以前は、つけ方、材料の問題などで裏側・舌側矯正は治らないなどと言われておりましたが、現在では技術や方法の改善により裏側・舌側からの矯正でもきれいな歯ならびにすることができます。

リンガル矯正とは?

リンガル矯正は「裏側矯正」「舌側矯正(ぜっそくきょうせい)」などとも呼ばれている、他人からは矯正装置が見えない矯正方法です。右の写真のように装置が歯の裏側についているので、矯正していることはまずわかりません。装置が見られる事を気にしなくなれば、その一歩を踏み出すことができるかもしれません。

このページの先頭へ