見えない矯正はしゃべりにくい?

見えない矯正は、歯の裏側に矯正装置をつける治療法です。

見えない矯正

昔は、装置が巨大でしたのでしゃべりづらいと言われていました。

その名残か、いまだにしゃべりにくい?と裏側矯正を知らない方からも質問を受けます。

1つは、舌が装置になれてくることで治ります。

2つめには、歯が動く違和感に慣れるからです。

3つめには、自分の耳で聞きならが修正をしているからです。

1〜2日でかなりの方が普通に戻ります。

1週間で90%の方が違和感を感じなくなります。

実際にお話をしてみても慣れてくると普通にしゃべっている感じです。

あとは、歯並びによっても変わってきます。

 

 

このページの先頭へ